Reading:
利用規約
8か月 ago

利用規約

バージョン 1.4、リビジョン 12


§1客観的範囲と目的
契約

以下の条件(「一般契約条件」)は、Lennart Guthによって製造され、以下PDFメール合併と呼ばれ、インターネットを介してサービスとしてのソフトウェアとして提供される標準ソフトウェアプログラム(「ソフトウェア」)の使用および運用サポートに適用されます。
契約の対象は次のとおりです。

  • インターネットで使用するための www.pdfmailmerger.com に記載されているソフトウェアプログラムの提供
  • データサーバーへの顧客データの保存

個別に開発されたソフトウェアプログラムは、本契約の対象ではありません。

§ 2 サービスの種類と範囲

相互サービスの種類と範囲は、契約上の合意によって規制されています。 契約で定義されたサービスの範囲は、合意された品質と見なされます。 決定的な要因は次のとおりです。

  • 契約に記載されているソフトウェアの定義されたサービスの範囲、つまり
    それぞれ
  • ユーザードキュメントが設定されています
  • 契約で想定されている使用への適合性、
  • 契約に定められた条件、
  • 以下の条件、
  • 一般的に適用される技術ガイドラインと技術標準、特にコメント要求(RFC)およびW3C(ワールドワイドウェブコンソーシアム)に記載されているインターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)の国際標準と提案。

不一致がある場合は、契約上の合意が上記の順序で適用されます。

さらなる条件、特に契約パートナーの一般的な条件は、PDF Mail Mergerが明示的に矛盾していなくても適用されません。 PDFメール合併の一般利用規約のみが適用されます。

§ 3 利用規約

3.1. ソフトウェアに対するお客様の権利

PDF Mail Mergerは、契約期間中、契約に記載されているソフトウェアおよび関連するユーザードキュメントを使用する非独占的、譲渡不可、サブライセンス不可の権利をお客様に付与します。 本ソフトウェアはインターネット経由で提供されます。 SaaS サービスの転送ポイントは、PDF メールマージによってインターネットに使用されるデータセンターのルーター出口です。 お客様は、契約に従ってのみソフトウェアを使用し、第三者に譲渡したり、他の方法で第三者がアクセスできるようにしたりしないことを約束します。 お客様は、本ソフトウェアのいかなる部分も「リバースエンジニアリング」、逆コンパイル、逆アセンブル、複製、または使用して別のアプリケーションを作成する権利を有しません。

お客様は、PDF Mail Mergerがソフトウェアおよび関連する著作権の唯一のライセンサーであることを認めます。 PDF Mail Mergerの単独ライセンサーとしての権利は、PDF Mail Mergerが書面で別段の定めをしていない限り、PDF Mail Mergerが顧客に提供するソフトウェアの拡張機能も指します。

お客様は、PDF Mail Mergerのソフトウェアおよび関連ドキュメントに関するブランド、名称、および特許権をここに認めます。 お客様は、プログラムおよび関連ドキュメント内の著作権情報またはその他の同様の所有権表示を削除、変更、またはその他の方法で変更することはできません。

3.2. データに対するお客様の権利

ソフトウェアによって記録、処理、生成されたデータは、データセンターのサーバーに保存されます。 いずれの場合も、顧客はデータの唯一の所有者であり続けるため、PDF Mail Mergerの保持権なしに、いつでも、特に契約終了後に、PDF Mail Mergerに個別またはすべてのデータの返却を要求することができます。 データは、データネットワークを介した電子送信によって、または個別の合意により、データキャリアを引き渡すことによってリリースされます。 お客様は、データの使用に適したソフトウェアを受け取る権利がありません。

3.3. 個人データに関する利用者の責任

アップロードされたファイルの作成者として、ユーザーは、適用される規制の意味の範囲内で、それらのファイルに表示される個人データの処理に責任を負います。 そのため、ユーザーが欧州連合に居住している場合、または配布リストに欧州連合市民の個人データが含まれている場合、ユーザーはPDFメール合併に対して、2016年4月27日の規則第2016/679号(「GDPR」)の規定および1978年1月6日の法律第78-17号の規定を遵守することを保証します。 情報技術、 データファイルと市民の自由、特に:

  • 送信されたファイルに含まれる個人データが、適用される規制に従って収集および処理されていること。
  • ユーザーが適用される規則に従ってデータ主体に通知したこと。
  • 必要に応じて、収集と処理がデータ主体によって同意されていること。
  • データ主体は、適用される規則に従って権利を行使することを許可されるものとします。
  • ユーザーが、情報が不正確、不完全、曖昧、または古くなっている場合、またはデータ主体がその収集、使用、通信、または保存を禁止したい場合、情報が修正、完了、明確化、更新、または削除されることを約束すること。

PDF Mail Mergerプラットフォームにアップロードする個人データの保持期間の管理はユーザーが単独で責任を負い、保持期間が終了したときにデータを削除する義務があることが明記されています。 PDF Mail Mergerは、ユーザーとの契約関係の終了時にこのデータを削除する責任のみがあります。

さらに、ユーザーは、PDF Mail Mergerプラットフォームにアップロードされたファイルに、GDPR第9条の意味における「機密」と呼ばれる個人データ、特に健康データを含めないことを約束するものとしますが、刑事上の有罪判決や犯罪に関連するデータ、社会保障番号、または銀行カード番号。 PDF Mail Mergerは、そのプラットフォーム上のそのような個人データの存在、およびそれによって生じる可能性のある結果について、いかなる責任も負いません。 この条項に違反した場合、ユーザーはその結果について単独で責任を負うものとし、PDFメールの合併を保証し、必要に応じて補償することを約束します。

3.4 スパムに対するゼロトレランスポリシー

PDFメール合併では、電子メールまたはその他の勧誘は正当であり、受信者が期待している必要があると考えています。

そのため、お客様が当社の製品およびサービスを使用する際に、いくつかの基本的ではあるが必須の規則に従うことを期待しています。 この点に関して、アカウントを作成して当社のサービスの使用を開始する前に、これらの規則を必ず読み、同意する必要があります。 いずれの場合も、これらの利用規約は、アカウントを作成する、および/または当社の製品およびサービスの使用を開始するとすぐに適用され、当社のビジネス関係全体を通じて拘束力を持つものとします。 これらは、PDFメール合併サービスの一般使用条件の不可欠な部分を形成し、すべてのPDFメール合併ユーザーに適用されます。

当社のサービスの一部は、電子メール送信用のIP/ドメインなど、多くのユーザー間で共有されるため、サービスの行動または使用が他のユーザーに悪影響を与えないようにする必要があります。 共有インフラストラクチャでのインシデントを回避し、すべてのユーザーに当社の基準に達するサービス品質を提供するために、プラットフォームの使用にいくつかの制限を課す必要があります。

その結果、当社の現在のスパム対策ポリシーに違反した場合、当社の一般使用条件に記載されている停止プロセスに従って、当社の評判または当社のサービスのグローバルな効率性への損害を防ぐために、お客様のアカウント全体またはお客様のアカウントからの特定のサービスが直ちに停止または制限される場合があります。

前に説明したように、PDFメール合併では、電子メールは受信者によって期待されなければならないと考えています。 そのため、次のルールを適用する必要があります。 これらの規則は網羅的なものではなく、PDF Mail Mergerは、サービスの効率に影響を与える可能性のある行動について、ユーザーのアカウントを停止する権利を留保します。

その結果、当社の現在のスパム対策ポリシーに従わない場合、当社の評判または当社のサービスのグローバルな効率性への損害を防ぐために、お客様のアカウント全体またはお客様のアカウントからの特定のサービスが直ちに停止または制限される場合があります。

3.4.1 禁止されているコンテンツ(以下に限定されない)
  • 違法行為
  • 違法薬物
  • 医薬品/医薬品を含む偽造品
  • ハッキングプログラム
  • 爆弾を組み立てたり作成したりするための指示
  • 爆発物またはその他の武器(銃器であるか否かを問わない)
  • 児童に対する暴力を含む、または暴力を助長する素材
  • CAN-SPAM、GDPR、LGPD、CASL などのスパム対策法に違反するメッセージ
  • ヘイトスピーチおよびあらゆる形態の禁止された言葉(名誉毀損、侮辱、誹謗中傷、誹謗中傷など)
3.4.2 当社のプラットフォームで受け入れられないコンテンツと業界

長年の経験から、厳密には違法とは見なされていないにもかかわらず、一部の活動は非常に悪いシグナルを生成し、通常の平均よりも高い虐待/苦情率を生み出していることに気づきました。 すべてのお客様の基準までサービスのレベルを維持するために、次のトピックと業界を受け入れないことを決定しました。

  • 通貨の交換、不正な株式および株式市場取引
  • 「早く金持ちになる」という約束をする在宅の仕事の申し出、受動的にまたは努力せずにお金を稼ぐための申し出、金融パッケージ、ねずみ講
  • 露骨な性描写を含むポルノまたは電子商取引
  • 勃起障害の治療法
  • 一括採用勧誘(スマートセグメンテーションなしで可能な限り多くの候補者に送信する求人掲示板、企業への求人応募の一括送信)
  • 政治的性格のリスト(領事リスト、政府リストなど)には、特定された広告主からの通信を受け取ることに明示的に同意していない個人の住所が含まれます。 電子メールアドレスが領事館または大使館に提供されたという事実は、オプトインの約束の証拠とは見なされないものとします。
  • 政治的にデリケートなトピック
  • イニシャルコインオファリング(ICO)
  • すべての外国為替取引関連
  • 債権回収
  • 他者に対する暴力やヘイトスピーチを助長したり、他人を直接攻撃したり脅迫したりすること
  • 誤った情報(「フェイクニュース」)
  • 「フィッシングシミュレーション」を行うセキュリティサービス
3.4. 利用規約の違反

上記の使用条件に違反した場合、PDF Mail Mergerは予告なしに契約の全部または一部を終了する権利を有します。 この場合、PDF Mail Mergerは、契約違反に起因するお客様に対する損害賠償請求を主張する権利も留保します。 すでに行われた支払いが全額、一部、またはまったく返金されないかどうかは、PDF Mail Mergerの裁量に委ねられています。

3.5. 契約期間と終了

SaaSサービスの提供の最低期間は1ヶ月です。 解約がない場合、契約期間は自動的にさらに1か月延長されます。 金額は、最後に保存された口座振替またはクレジットカードのデータから収集されます。

PDF Mail Mergerは、特に口座振替またはクレジットカードの回収が失敗した場合、重要な理由で終了する権利があります。

アカウントが180日以上連続して非アクティブのままである場合(つまり、ログインなし、有料プランのアクティブなサブスクリプションがない場合)、アカウントに関連するすべてのデータ(テンプレートデータ、ファイル、ユーザー/ログインデータを含む)を取り返しのつかない形で削除する権利を留保します。 削除に伴い、契約も予告なしに終了します。

§4メンテナンス条件とサービスレベル

4.1. さらなる開発/パフォーマンスの変更

PDF Mail Mergerは、契約締結後の技術進歩およびパフォーマンスの最適化の過程で、パフォーマンスのさらなる開発および変更(たとえば、より新しいまたは異なるテクノロジー、システム、プロセス、または標準の使用による)を行う権利を留保します。 パフォーマンスに大幅な変更があった場合、PDF Mail Mergerは適切なタイミングでお客様に通知します。 サービスの変更の結果としてお客様に重大な不利益がある場合、お客様は変更日に契約を特別終了する権利があります。 お客様は、サービス変更の通知を受け取ってから2週間以内に契約を解除する必要があります。

ソフトウェアの新しいバージョンが利用可能になると、PDF Mail Mergerは、それぞれの新しいバージョンについてセクション3に記載されている権利をお客様に付与します。

4.2. システム運用

PDF Mail Mergerは、提供されるソフトウェアが、お客様の要件に適した環境と構成で、お客様の使用目的に適したハードウェアで動作することを保証します。 これには、サーバーの数と種類、定期的なバックアップ、スケーラビリティ、電源、空調、ファイアウォール、ウイルスチェック、ブロードバンドインターネット接続が含まれます。

4.3. システムの可用性

インターネット上のルーター出口でのデータセンターネットワークの可用性は、年間平均99%です。 クライアント側のインターネットへの接続は、お客様の責任で行ってください。 これはSaaSのサービス範囲の一部ではありません。 ダウンタイムは分単位で決定され、障害クリアランス時間の合計から計算されます。
年。 これには、PDF Mail Merger が最適化とパフォーマンス向上のためのいわゆるメンテナンスウィンドウとして識別する期間、および PDF Mail Merger の制御が及ばない理由によるトラブルシューティングの時間の損失、および不可抗力による障害は含まれません。

4.4. システム可用性障害

システムの可用性の中断は、判明した直後にお客様が報告する必要があります。 障害を報告する前に、顧客は自分の責任範囲を確認する必要があります。 サポート時間内に障害レポートを受け取った場合、障害クリアランスは2時間以内に開始されます。 障害報告の場合、
サポート時間外に受信された場合、障害クリアランスは翌営業日に開始されます。 お客様が責任を負う障害除去の遅延(顧客側の連絡担当者が利用できないなど)は、障害解消時間にカウントされません。

§5保証

最先端の技術によれば、すべてのアプリケーション条件下でソフトウェアエラーを排除することは不可能です。 ただし、PDF Mail Mergerは、 www.pdfmailmerger.com で指定したソフトウェアが原則として使用できることを保証します。 制限期間は1年です。

ソフトウェアおよび関連ドキュメントのエラーは、合理的な期間内にPDF Mail Mergerによって無料で修正されます。 この主張を修正するための前提条件は、エラーが再現可能であることです。 PDFメール合併は、保証義務を果たすために交換品を修正または提供することができます。 特に、PDF Mail Mergerは、保証義務を果たすために、新しいバージョンのソフトウェアをお客様に提供できます。 PDF Mail Mergerが、顧客が契約に従って使用できるようにする障害のある機能に対する代替ソリューションを提供する場合、トラブルシューティングと同じです。

ソフトウェアが契約に従って使用されていない場合、保証請求は除外されます。 さらに、お客様が契約に記載されているソフトウェアを変更または延長した場合、エラーが変更または延長に因果関係がないことを証明できない限り、保証請求は除外されます。

上記の条件に従ってPDFメール合併によって重大なプログラムエラーが修正されない場合、顧客は月額SaaS料金の減額を要求できます。 PDFメール合併は、エラー訂正の作成が合理的な努力で不可能な場合、同じ権利を有します。 トラブルシューティングの過程で、問題が操作エラーまたは顧客による不適切な使用によるものであることが判明した場合、PDF Mail Mergerは、発生した作業に対して適切な報酬を要求することができます。

PDF Mail Mergerは、契約で指定されたソフトウェアによるお客様の個々の要件を満たすことを保証するものではありません。 これは特に、望ましい経済的成功を達成できなかった場合に当てはまります。 PDF メール合併に対する保証請求は、直接のお客様のみが利用でき、割り当てることはできません。

§ 6 責任の制限

契約上の義務および不法行為に起因する義務違反による損害賠償請求は、意図的または重大な過失行為が証明できる場合にのみ、PDF Mail Mergerおよびその代理人および代理人に対して主張することができます。 前述の責任の除外は、本質的な契約上の義務(基本義務)の違反には適用されません。 PDF Mail Mergerの保証財産、人身傷害、および強制的な法的規定に対する責任も影響を受けません。 PDF Mail Mergerは、不可抗力によるサービスの中断、特にグローバル通信ネットワークの障害または過負荷について責任を負いません。 このため、顧客は履行義務の軽減を請求することはできません。 PDFメール合併は、そのサービスを介して公開された情報について責任を負いません。 送信者は、その正確性、完全性、および時事性に責任があります。 PDF Mail Mergerは、データ送信中のセキュリティ対策が不十分なためにお客様側で発生する可能性のある損害について責任を負いません。 損害賠償責任は年会費の額を限度とします。 データ損失に起因する損害に対する責任は、データが適切にバックアップされていた場合に発生したであろう金額に限定されますが、年会費を超えないものとします。 顧客による損害賠償請求は、BGB第202条の規定に関係なく、発生から1年後に法的に禁止されます。 この略語は、PDF Mail Mergerが重大な過失または故意で行動した場合には適用されません。

§ 7 報酬

契約で合意された月額料金がSaaSサービスに請求されます。 発生した料金は事前に請求されます。

§ 8 支払い条件

支払いは、口座振替またはクレジットカード決済によって行われます。 支払期限を超過した場合、債務不履行により給付が制限されることがあります。

お客様は、法的に確立された請求またはPDF Mail Mergerによって書面で認められた請求でない限り、PDFメール合併に対する請求を相殺する権利はありません。

§ 9 守秘義務、データ保護

契約当事者は、契約対象の文脈で得られた知識(特に技術的または経済的データおよびその他の知識)を秘密にし、契約の目的の目的にのみ使用することを約束します。

これは、公的にアクセス可能な情報、または契約当事者による不正な作為または不作為なしに一般にアクセス可能になる情報、または裁判所命令または法律のために利用可能にする必要がある情報には適用されません。 顧客の問題に対するサポートサポートの場合、顧客の記録にアクセスする必要がある場合があります。 アクセスは、顧客とのWeb会議またはデータベース分析を介して行うことができます。 このアクセスは、それぞれの支援措置の期間に限定されます。

契約上の目的の範囲内で個人データを処理する必要がある場合、PDF Mail Mergerとお客様は、法的データ保護規制を遵守します。

PDF Mail Mergerは、連邦データ保護法(BDSG)に従って、顧客データが保存されていることを顧客に通知します。

§ 10 分離条項

これらの利用規約の条項が無効である場合、残りの条項の有効性は影響を受けません。

§ 11 解釈

本規約はドイツ語で書かれています。 本契約の翻訳版がドイツ語版と矛盾する場合、ドイツ語版が優先されます。

§ 12 準拠法、裁判管轄

ドイツの法律が適用されます。 当事者間の契約関係から生じるすべての紛争の管轄地は、ドイツのフランクフルト・アム・マインです。

§ 13 撤回の権利

撤回の権利

お客様には、理由を説明することなく、14日以内にこの契約をキャンセルする権利があります。

解約期間は、契約締結日から14日間です。

撤回の権利を行使するには、本契約を撤回する決定の明確な宣言(郵便、ファックス、または電子メールで送信される手紙など)によって、当社(RentMozart、Lennart Guth、Bahnstraße 19a、65843 Sulzbach、ドイツまたは [email protected])に通知する必要があります。 この目的のために添付のサンプル引き出しフォームを使用できますが、これは必須ではありません。

キャンセルフォームのサンプル
(解約をご希望の場合は、こちらのフォームに必要事項をご記入の上、ご返送ください。

  • 宛先:PDFメール合併、レナートグース、バーンシュトラーセ19a、65843ズルツバッハ、ドイツ。
  • 私はここに、以下のサービスの提供のために締結した契約を取り消します。
  • 注文日:
  • 消費者の名前:
  • 消費者の住所:
  • 消費者の署名(紙でのコミュニケーションの場合のみ):
  • 日付:

また、モデル撤回フォームまたは当社のWebサイト www.pdfmailmerger.com にある別の明確な宣言に電子的に記入して送信することもできます。 このオプションを利用すると、そのような取り消しを受け取ったという確認をすぐに(電子メールなどで)送信します。

キャンセル期限に間に合わせるには、キャンセル期間が終了する前にキャンセル権行使の通知を送信するだけで十分です。

撤退の結果

お客様が本契約を撤回した場合、当社は、配送料(当社が提供する最も安価な標準配送とは異なる種類の配送を選択した結果として生じる追加費用を除く)を含む、お客様から受け取ったすべての支払いをお客様に提供し、この契約のキャンセルの通知を受け取った日から遅くとも14日以内に直ちに返済されます。 この返済には、他の何かが明示的に合意されていない限り、元の取引に使用したのと同じ支払い方法を使用します。いかなる場合も、この返済に手数料は請求されません。

解約期間中にサービスを開始するように要求した場合、お客様は、本契約に関する解約権の行使を当社に通知する時点までにすでに提供されたサービスの割合に対応する合理的な金額を当社に支払う必要があります契約で提供されるサービスの全範囲と比較して。